稼ぐための戦術と戦略

「稼いでいるせどらーの思考」

どうもこんにちは!
ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ

 

この記事では、

”初心者せどらー”や”売上の伸び悩む中級者せどらー”(月商は数万〜数十万円レベル)

”稼ぎ続けてるせどらー”(月商3桁以上を常時キープ)

とでどこがどのように違うのか?

その異なるポイントをいくつか解説したいと思います。

 

※この記事の重要なポイントとして、

・資金が豊富にある
・外注スタッフがいる

このような明らかに優遇された環境下にいる条件は一切ないものとします。

(※結局上記優遇された人でないとしっかり稼げないような情報が巷にはかなり溢れています。これは有料商材も然りです。稼げる情報だから何でも良いというわけではありません。)

(こちらも関連で読者の方からよく読まれているオススメ記事です。)
↓↓↓
せどりの実践者9割が1年以内に稼げなくて辞めていく実態とノアの本音を語ってみます
”稼げるせどらー”と”稼げないせどらー”の決定的な違いとは?Part2
【現実を受け止める力=自由を切り開く力】本せどりを例にして、現実(本音)を語ってみます!
稼いでいるせどらーは皆、【ニッチ】を攻略している


 

ポイントはたったの「1つ」

 

表題のとおり「稼いでいるせどらーのやり方と思考」を持ってせどりを実践できれば、無限に稼ぎ続けることができます。

そのやり方と思考とはいったいどういうものなのでしょうか?・・・

ポイントはたったの「1つ」 なんです。

されど奥が深いのでこれから詳しくお伝えいたしますね。

 


 

ポイント【情報を見る視点の違い】

 

【一般せどらーがプレ値商品を発見して、仕入先をリサーチしている段階で”すでに勝負は終わっている” 】

です。

一般せどらーのプレ値抽出では、

 

●アマゾンサイトで各種プレ値抽出キーワード等で検索し、あぶり出した商品を一つづつ開いて見ていく方法

●プレ値ツール等を用いてプレ値商品を抽出し、そこで抽出された一覧からリサーチ・選定していくやり方

●Keepa(グーグルクロームツール)に通知登録しまくる

 

例えばこのようなやり方が、基本的なプレ値商品せどりだと思います。

しかし、稼いでいるせどらーは、そういった面倒な作業を極力省いて行なっています。

それでは一体、どんな仕入れ・刈り取りを行なっているのでしょうか?

上記のようなやり方で作業をしている時にはすでに、

・仕入れは完了し
・納品作業も完了し
・出品を終えてFBAで待機状態・販売のタイミングを伺っている、もしくはすでに販売が完了している

こんな状況になっています。

スピード感といった次元すら超えた状態で、せどりを実践しています。

自分自身がプレ値商品を発見し、いざ仕入れ先を探そうと動いている時には

”すでに勝負は終わっている” のです。

 

仕入れしようと思ったけど、全部売り切れ状態だった・・・・(時すでに遅し)

せどり経験者ならこういう体験を何度もしたことがあると思います。

 

ちょっと余談ですが、「モノレートの販売数」は、実は本当の数字ではありません。

何が本当の数字ではないのか?というと、

本当に売れている実数とは「かけ離れた」数字である可能性が非常に高いのです。

なぜなら、 稼いでいるせどらーが速攻で刈り取ったり販売している為、
モノレートの1日3回程度のゆるい巡回では、「カウントしきれていない」のです。

実際の数字はその3倍以上というケースも少なくありません。

 

話を元に戻しまして・・・稼いでるせどらーって仕入れスピードが物凄く早いのですが、しかし事実そのスピードで生身の人間が仕入れてるわけなんです。

どうしたらそんなことができるのでしょうか?・・・

これには特別な魔法のような仕掛けも秘密もありません。

 


 

トレンド情報収拾スキル × 〇〇

 

必要なのは

つまり情報

それも「稼げる情報」ではなく、「商品情報」そのものです。

いわゆるアマゾンサイトから検索し、あぶり出し、それから仕入先を探して・・・
なんてやっている時にはすでに作業が完了しているのです。

なぜなら「商品を探す」という行為そのものの質が違うのです。

正確に言うと、プレ値状態になってからでは「遅い」んですね。

一般せどらーが全く追いつけないまま、勝者と敗者に分かれるのは

【トレンド力と情報収拾能力】

ここに明らかな差が生じているわけです。

 

とはいえ膨大な商品数なので、取りこぼしも当然あります。
多種存在するターゲットやカテゴリがありますので当然取りこぼしは存在します。

ですので一般せどらーは、こういった「たまたまの取りこぼし」ぐらいしか狙えない、それが唯一の稼げる場所となっています。

実際仕入れようと思ったら、すでに売り切れ品切れというのを経験されているのであれば尚更です。

 

では、この取りこぼしから仕入れて出品をし販売を始めると実際どうなるのかというと・・・

●出品するタイミングが遅いために出品者が続々と現れ、価格競争にもまれる
●よって想定利益より利益率が下がる

又、仕入れたロットが多ければ多いほど、そのダメージは大きくなってしまいます。

よって「思いのほか稼げない」といったせどらーが非常実多いのが実態だと思います。

※勝つ為には、勝てる勝負で戦ってなければいけません。

勝てるかどうかわからない状況で戦いを挑み続けるのは、ほぼ負けに等しいと言えます。

これだけに止まらず、情報を見る視点そのものだけでなく、

 

●モノレート上で、「その商品とは決して結びつく想像すらできないようなキーワードを関連にして検索」をかけたりする奇抜な発想であったり

こちらはぜひ試してみることをオススメします。意外な商品が掘り出されますよ

●卸先の開拓(数)を増やしたり

 

も常日頃から遊びの感覚で行っています。

このような 「閃き」や「アイデア(想像力)」が強力な武器になります。

少し前の話題でしたが、お菓子の「ピザポテト」。

品薄状態でプレ値高騰するニュースが入り、実際なかなか入手できないなんてことがありました。

「さあ、あなたならこれをどうやって仕入れますか?」

その時なら定価で買って仕入れても儲かる状態です。

ノアはここから大量に仕入れました。

【ネカフェ】

ネットカフェのレジ付近にあるお菓子の販売コーナーです。

ピザポテトはネカフェ定番中の定番のお菓子で、ほとんどの店舗で置いてあります。
又、ネカフェではこの商品がよく売れる銘柄なので、在庫も十分に確保してある所が多いんです。

この時点で勝負の分かれ目ははっきりとしましたよね?

ピザポテトが稼げるとわかってから、オーソドックスに仕入先をネットで探したり、スーパーに出かけたりするのは

「一般的発想(敗者)」の思考です。
(少しは見つかるかもしれませんが)

きちんと稼ぐ為には、それ相応の勝てる行動をしていないといけません。

ノアの思考の違いを少し知れたのではないかなと。
ある意味このくらいひねくれてないと(笑)

現状、今のアマゾンはライバルが湧いて出てくるような状況ですので、このくらいアレンジというか機転を効かせていかないと、アナログで稼ぎ続けるのは難しいかもしれません。

 


 

おさらいともう一つ

 

※今回のお話はとても重要なことなので、繰り返しお伝えします。

【勝つべく環境で戦う為に、”資金だけではない”「勝てる環境」を持つこと】です。

稼ぐノウハウが大事なのではなく、そういう情報は時間が経てば自然と淘汰されていきます。

よく「物販は資金だ」なんて言われますね。

が、決してそうではありません。

資金力がなくても、
勝てる環境を持てるものが優位に立てます。

「勝てる環境」とは一体なんなのか?・・・

 

ありがちなパターンが「セール狙い」ですね。

価格差があればあるほど利益を獲得できるわけですから、当然セール品を狙った仕入れ場所とその母数。

これもある意味勝てる環境だとは思います。

でも今回お伝えしたいのはそういうことではありません。

ワゴンセールなんかを狙っているようなせどらーで、月商1000万とか稼いでいる人を見たことがありません。500万でもいないでしょう。

 

情報を取得するスピード感も大事ですが、真逆の
「待てるかどうか?」
も大事になってきます。

一見、「はぁ?」となってしまいそうですが、これは稼ぐための正しい思考です。

例えばプレ値商品を見つけた時の【行動】でも明暗が真っ二つに分かれます。

まず、稼げないせどらーの行動の一つとして、「価格差」ばかりを追います。

プレ値商品を見つけた時に、モノレートなども一通り見るでしょう。
そこで結局価格差による利益のメリットに比重がいきすぎてしまい、
とにかく早く仕入れることにスイッチが入ってしまいます。

ここが非常に危ないです。

このパターンの傾向は、大半が想定利益を損ねるか、下手をしたら赤字になったりと、
とにかく想定外の結果になるケースが多いと思います。

では、稼いでいる人はどうするのか?というと・・・

【プレ値になった上で、 1つでも商品が売れた瞬間 】
ここで一気に動くのです。
(あくまでプレ値仕入れの場合はです)

プレ値になった瞬間ではないのがポイントですね。

これってよくよく考えてみたら、当たり前のことですよね?

「果たしてプレ値になったはいいけど、その金額で売れ続けるのか?(たまたまだったんじゃないのか?) 」

これがわからなかったら、ただの仕入れ損になる可能性もあるわけです。
これでは負け戦になる可能性がありますよね。

※それだけでなく必要なのは、半年以上とかの長期スパン・全期間でみても、その価格帯で売れた形跡が過去にあったかどうか?

今回が初めての場合は、なぜその商品がプレ値で売れたのかの理由

こういったことをきちんと情報収拾と精査して、動くかどうかを決めます。

なんのプレ値になる理由もなくてプレ値になっていたら、仕入れ対象としては情報が不完全過ぎます。

負け戦になる可能性があるので、情報不足のままここで仕入れるのはさすがに怖いですよね?

 

だからこそ、プレ値になった状態から1つでも商品が売れた瞬間且つ、
誰よりも早く動けたならば、大きく勝てるポイントなわけですね。
(当たり前な話ではありますが・・・)

しかしここで大きな問題が残されています。

アマゾンには膨大な数、これから来るよ!という「未来プレ値商品」が存在します。

「そもそもそれらをどうやって見つけるの?・・・・」
って話です。

先にも挙げた内容のとおり、ここでもやはり

【トレンド力と情報収拾能力】

「閃き」・「アイデア(想像力)」

これがやはり重要になってくるわけです。

これにもうまくカタチにするコツというのがあるのですが、今回はまずここまでの内容をインプットしておいていただきたいと思います。

 

「未来プレ値商品」をせどることで常勝無敗を目指せるトッププレイヤーを目指していきましょう!

その為にもノアのサイトは今後も要チェックくださいね!

 

「稼ぐことをあきらめない!!」「共に頑張って参りましょう!!」

今回は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!ヾ(⌒▽⌒)ゞ

 


こちらも関連で読者の方からよく読まれている記事です。こちらもオススメです。

せどりの実践者9割が1年以内に稼げなくて辞めていく実態とノアの本音を語ってみます
”稼げるせどらー”と”稼げないせどらー”の決定的な違いとは?Part2
【現実を受け止める力=自由を切り開く力】本せどりを例にして、現実(本音)を語ってみます!
稼いでいるせどらーは皆、【ニッチ】を攻略している

 

ピックアップ記事

  1. 【Amazon規制の抜け道】【フリマ・ヤフオク・Amazon仕入れ→新品出品の「…
  2. 3/29コラム 「”消費者心理”を理解できれば、あなたも「稼げるせどらー」に大変…
  3. ニッチせどりは面白い!
  4. 予約転売する場合は、新作ゲームソフト・DVDが中心。
  5. 「ただ横流しするだけ」中国輸入品を利用したAmazon激安仕入れからフリマ転売の…

関連記事

  1. 店舗せどりノウハウ

    「ウラ大量販売ノウハウ」1つの商品で数十万円と利益を出す方法

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  2. せどりをこれから始められる方に

    「覚醒コンテンツ」と「麻酔コンテンツ」

    どうも、こんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ…

  3. 稼ぐための戦術と戦略

    「ズラすせどり」〜差別化を図った仕入れの実践〜

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  4. 稼ぐための戦術と戦略

    「モノポライズ戦略」(リピート仕入れと独占販売)

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

ノア「オリジナルコンテンツ」

ノアが覚醒した次元アップ教材

いまこの記事が読まれています

ノアプロフィール

【ニッチ】【トレンド】を得意としています。

 

 

【物販ビジネス実績】

2017年12月 せどり月商700万/月収210万達成!

 

2018年3月 せどり月商1000万/月収300万達成!

 

(※メイン/サブ 2アカウント合計)

 

eBay・米Amazonへの輸出や、ヤフーショッピング出店等販売プラットフォームの拡大も進行中。

 

情報発信でも毎月50万円以上稼いでいます。

 

小学4年生になる10歳の最愛の我が娘とそして妻の為に、日々せどりの実践に没頭中。

趣味はプロレス観戦。

ランキングに参加中!

  1. せどりをこれから始められる方に

    「覚醒コンテンツ」と「麻酔コンテンツ」
  2. せどりをこれから始められる方に

    せどりをこれから始められる方へ「せどりの鉄板スタイル4形態」その3(電脳・新品…
  3. 電脳ツール・サイト

    今まで面倒だった魔法の言葉の入力が不要!最大90%オフのセール情報がわずか3クリ…
  4. 電脳せどりノウハウ

    在庫切れ商品をリサーチするだけなんてもったいない!あのツールの本当の使い方を知る…
  5. コラム

    副業せどりがベスト。本業はキープしておきましょう。
PAGE TOP