せどり基礎知識

送料を安くする為の各種発送方法まとめ

どうもこんにちは!
ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ

 

この記事では、

●FBA利用のアマゾン倉庫への納品時

●アマゾン販売における自己発送時

●フリマ出品からお客様ご購入後の商品発送時

●オークションサイト出品からのお客様落札後の商品発送時

などにおける【送料】に関する情報のまとめになります。

 

・商品がお客様から購入されるまでにかかるコスト

・お客様からご購入いただいた後にかかるコスト

上記2点どちらにせよ、物販を行う上で避けては通れない必要コストになります。

品数が多ければ多いほど、売れれば売れるほど、
この送料に関するコストは必然的に大きくなってきますので
あらかじめ詳しく知っておく必要があります。

様々な発送方法があるので、この記事でも色々とご紹介はさせていただきますが、
基本的には「コレが一番オススメです!」というものの内容に関して重点的にお伝えします。

又、※「普通サイズ以上」に関しては、送料を安くするためのコツはお伝えできますが、
各種発送業者が必ずしも全国一律の金額設定にしているわけではないので

(例えば末締め決済による契約などする場合は、各人の交渉やその時の受付担当、その時の営業所の状況等タイミングによって金額は変わってきます。)、

このケースに関しては、一概に「これがオススメ!」と言えるものではないことを予めご理解ください。

但し、金額が全国的に定まっているサービスについては詳しくお伝えしたいと思います。

先にノアの経験上の結論だけ申し上げますと・・・

 

★自己発送による小型商品は「日本郵便の後納契約」や「クリックポスト」(又は「レターパック」)を推奨。

★自己発送による普通サイズ以上の発送は「日本郵便の後納契約」や「レターパック」を推奨。

★アマゾンFBA納品の際や大型サイズ対応の発送は「日本郵便の後納契約」や「エコムー便」・「ヤマト便」を推奨。

ノアが実際に利用していて、その利用のしやすさや金額の安さ等
総合的な判断で上記の利用を中心に行なっています。

「日本郵便の後納契約」は、その時々によるタイミングや交渉によって
各種サイズの1個あたりの送料も大分変わってきます。

ですが、いわゆるその他大手のヤマト運輸や佐川急便等と契約するよりは、おそらく安くできるんじゃないかと思います。
(※「日本郵便の後納契約」については、個々の利用ケースで様々に金額は変わる内容なので、当記事では割愛させていただきます。)

まずは小型商品の発送に関する解説をしたいと思います!

 


 

『クリックポスト』:厚さ3cmまで一律164円

「クリックポスト」は日本郵便提供の2014年に登場した発送サービスです。
過去に2015年3月までサービス提供されていた「クロネコメール便」のような内容で、「厚み3cmまでの商品を送れる」のが最大のメリットです。

クリックポストのURLは→コチラ

クリックポストの詳細一覧

大きさ34cm×25cm
厚さ3cmまで
重量1キロまで
料金164円(税込)
差出場所郵便局窓口
ポスト
追跡サービスの有無あり

クリックポストの対応サイズ

クリックポストで対応できるサイズは
「長辺34cm × 短辺25cm × 厚さ3cm」です。

そしてアマゾンの小型商品のサイズは
「長辺25cm × 短辺18cm × 奥行き(厚さ)2cmです。

ということで、アマゾンで取り扱う小型商品の厚さに関しては
どれもクリックポストで対応できるという結果になります。

一般的には「ゆうメール」や「定形外郵便」の発送がスタンダードかもしれませんが、
クリックポストのサービスによって、送料節約になるケースは多いかもしれません。

 

クリックポストのメリットと注意点

【メリットその①「追跡サービス」】
クリックポストには「追跡サービス」があり、
配送状況がわかるようになっています。(補償はなし)

例えばアマゾンで自己発送の商品が売れたとします。

その場合、お客様への出荷通知時に
「追跡番号を付記してお伝えすることができる」ので、
より丁寧かつ安心材料になります。

 

【メリットその②「厚さ3cmまで対応」】
クリックポストの最大のメリットは
「厚み3cmまで対応している」ことです。

過去にあった「クロネコメール便」は2cmまででしたので、
より利用価値が高まります。

実際にご自身で始めてみたらよくわかることですが、「厚さ1cmの差」というのはかなり大きいです!

 

クリックポストなら、例えば
書籍等の厚めの本や、数枚組仕様のCDやDVD等の各種メディアも送れます。

ゆうメールや定形外郵便を使うよりも、
クリックポストに変更するだけで送料を大きく節約できます。

 

【メリットその③「手軽にネット上で手続きができる」】
他にも、クリックポストのメリットは、
ネット上からお届け先情報の登録及び発送伝票の出力ができます。
これもメリットとしては大きいポイントです。

①クリックポスト専用サイトにアクセス
②お客様のお届け先情報等を入力
③決済
④発送伝票出力

これら手続きを一連の流れで済ませることができますので、
使いやすさも良好です^^

【※利用上の注意点】
クリックポストを利用する場合の注意点は、
請求書等の「信書」に該当するものは送れません。

信書を安く送りたいのであれば、
こちらは「スマートレター」がオススメです。

スマートレーターについては次に解説致します。

 


 

『スマートレター』:専用封筒でA5サイズまでが一律180円

 


「スマートレター」
は、日本郵便の発送サービスになります。
こちらは2015年4月3日からサービスが開始されました。

ちょうど「クロネコメール便」が2015年3月31日に廃止になり、
そういったタイミングからの開始でもあります。

スマートレターは、レターパックと同様のサービスになっています。
レターパック同様に専用封筒を入手した後、
そこに送りたい商品とお届け先情報の記入をしてポストや郵便局窓口に出すという流れです。

レターパックについては次に解説します。

 

スマートレターのURLは → コチラ

スマートレターの詳細一覧

大きさA5サイズ(25cm×17cm)
厚さ2cmまで
重量1kgまで
料金180円(税込)
差出場所郵便局窓口
ポスト
追跡サービスの有無なし


 

スマートレターのメリットと注意点

【メリット「専用封筒で投函」】
先のクリックポストは発送の際、
商品を入れる袋(箱)は自前で用意する必要があります。

スマートレターの場合は、
厚紙でできた専用の封筒を使用します。

厚紙でできている分、一般的な薄紙の封筒とは違ってそこそこ頑丈な作りになっています。
その分、たとえそのほかの郵便物が自宅ポストの中に混在していたとしても
折れ曲がってしまうなどの恐れは基本的にないと思います。

又、この専用封筒の購入先は郵便局以外にコンビニでも入手できます。

スマートレターを購入できるコンビニは下記になります。

購入できるコンビニ購入できないコンビニ
◯ローソン×ファミリーマート
◯ミニストップ×スリーエフ
◯サークルKサンクス×デイリーヤマザキ
◯セイコーマート×ポプラ
△セブンイレブン(取り扱いは店長やオーナー次第による為)×生活彩家

↑ローソンやミニストップには「店内にポスト」が設置してあるので、スマートレターを購入する際や発送する際(切手の購入も)はこの2種店舗が特にオススメです。

 

【※利用上の注意点】
対応サイズや重量だけでなく料金を考えると、
現状はクリックポストの方が利用価値は有利かもしれません。

ですのでスマートレターのメリットはそこまで多くないのが正直な所です。

ただ、取扱店のコンビニがお住いのすぐ近所にある場合などは、利用価値があるかなと思います。

 


 

『レターパック』:購入者から比較的安心されやすい発送方法の一つ

 

レターパックは、特にオークションサイトやフリマなどでご購入いただいた際に、お客様からのご要望で

「レターパックで」

とお願いをされることがあります。

主に考えられる理由は、定形外郵便やクリックポスト等の発送で、
簡易包装で発送した場合に、物によっては品物に折れなどが生じたりして、
商品に傷がつくことを嫌っての希望が考えられます。

又、そうでなくても、なるべく発送そのものが原因で
コンディションに悪影響を及ぼすことをできるだけ避けたいと考えられてのことだと思います。

今は出品者自体が「簡易包装で送ります」と事前にその旨を伝えている方も少なくないですが、
まだまだ細かいところまで説明が行き届いていない方もおられます。

これらを踏まえた上で「発送はレターパックで」という希望を話される方がいるということですね。

逆に言えばそれだけ「レターパックによる発送」は安心感を得られやすいものであるということです。

 

レターパックは先の「スマートレター」と同様のスタイルで、
専用封筒を使って(購入し)発送を行います。

購入先も同様に郵便局やコンビニで買うことができます。

郵便局以外の購入先は以下になります。

●セブンイレブン(一部のみ)
●ローソン
●ミニストップ
●サークルKサンクス
●デイリーヤマザキ
●セイコーマート

スマートレターと変わらないですね。

レターパックのURLは → コチラ

レターパックの詳細一覧

 レターパックライトレターパックプラス
大きさA4サイズ(34cm×24.8cm)A4サイズ(34cm×24.8cm)
厚さ3cmまで無制限
重量4kgまで4kgまで
料金360円(税込)510円
差出場所郵便局窓口
ポスト
郵便局窓口
ポスト
追跡サービスの有無ありあり
集荷不可可能

 


 

レターパックのメリットと注意点

【メリット「誰もが知っているという安心感」】
こちらは冒頭でもお伝えした通りの内容です。
購入者からのレターパック発送の希望があるくらいですから、
とにかく信用度が他の発送手段と比べて違います。

スマートレター同様、こちらで信書も送ることができます。

【※利用上の注意点】
(あくまでノアが実際に使用して思ったことではありますが)
専用封筒の頑丈さが若干気になります。
レターパックのサイズはスマートレターの約倍くらいありますが、
スマートレターと全く同じような紙の厚さなので、強度に心配があります。

実際はプチプチなどで商品中身をしっかり梱包しないと、
商品によっては傷や折れなどが生じる恐れもあります。

小さい寸法のものであればスマートレターか、ご自身で包装準備して
クリックポスト発送の方が安いし良いケースもあります。

 


 

『定形郵便・定形外郵便』:発送手段として一番メジャー且つ利用数もダントツ

 

いわゆる茶封筒で発送するスタイルです。
誰もが知るメジャー中のメジャーな発送手段ですね。

上記はサイズ・重さの一覧です。

定形郵便・定形外郵便のサイズ・重さに関してのURLは → コチラ
定形郵便・定形外郵便の料金に関してのURLは → コチラ

ポスト投函できる大きさであれば、郵便局に行く必要はありません。
切手を貼ってポスト投函で完了です。

 


 

定形郵便・定形外郵便のメリットと注意点

【メリットその①「困った時のお助け役」】
発送する商品のサイズが「とにかく薄い・軽量」というのであれば、
定形郵便が断然安く済ませられます。

定形郵便の送料は

重さ送料
25g以内82円
50g以内92円

このようになっています。

商品で例えを出しますと・・・

このような薄型軽量のキーホルダーや

このようなトレーディングカードなど。

とにかく薄くて軽量であるならば、定形郵便発送が一番安いです。

 

逆にサイズ感が大きい場合は定形外郵便で対応します。

定形外郵便の送料は

重さ送料(規格内)送料(規格外)
50g以内120円200円
100g以内140円220円
150g以内205円290円
250g以内250円340円
500g以内380円500円
1kg以内570円700円
2kg以内取扱なし1,020円
4kg以内取扱なし1,330円

このようになっています。
(規格内とは「長辺34cm以内×短辺25cm×厚さ3cm以内、さらに重量1kg以内」のことを指します)

例えば(本だけを例にしてます)
このような付録付きの大型本や図鑑・辞書といったかなり厚みのあるもの。

折りたたむことなどができない、このようなポスターなどを筒型包装で送る場合など。

基本今となってはこれまで色々挙げてきました、
お得な発送手段の選択方法が増えている現状があります。
ですので、どちらかというと「極めて小さい」とか「極めて大きめのもの」に対応する上で
定形郵便・定形外郵便が役割を担うといったケースが多いように思います。

 

【メリットその②「様々な対応ができるオプションサービスが充実」】
定形郵便・定形外郵便ならではの特殊対応が「オプションサービス」です。

実際には以下のようなオプションを利用することができます。
(※但しオプションサービス利用には別途料金が発生するものがあります)

●特定記録
●速達
●書留
●引受時刻証明
●配達証明
●内容証明
●交付記録郵便
●本人限定受取
●代金引換
●配達日指定

 

その他のメリットを強いていえば
「切手が利用できる」点もあります。

自宅に余っているものを活用するだけでなく、こういった裏技もあります。

「オークションサイト・フリマアプリ等で新品切手を安く入手する。」

定価の1割引くらいなら探せば見つけることができます。
送料を1円でも安く、細部までこだわるなら、切手自体を仕入れるのも有効です。

但し、「まとめ売り」が多いので、ある程度コンスタントに発送機会がないのであれば、逆に余らせて結果高く付いてしまう恐れもあります。先々の事をある程度想像した上で切手仕入れの購入検討をしましょう。

 

【※利用上の注意点】
デメリットとして挙げられるものは、「送料計算が必要な場合がある」点です。

軽量である場合は問題ないかもしれませんが、
ある程度重量がある場合は、送料をきっちり計算しておかないと、
仮に切手貼り付けでポスト投函した場合も
後日返送されてきてしまいますので注意が必要です。

その点サイズや重量が規定内であれば
問題なく発送のできるサービスが今は充実していますので、
基本的にはそちらをオススメします。

 


 

『その他』:「ゆうメール」「ゆうパケット」「ゆうゆうメルカリ便」「らくらくメルカリ便」

 

その他にもまだまだ発送方法はあります。
ですがこれまでに挙げた方法だけで、十分安く発送できますので以下の内容は
ご自身の環境に特に当てはまっている場合に取り入れるなどしてみてください。

ゆうメール:180円から

 

3kgまでの冊子による印刷物や、CD・DVD・Blu-ray等メディア関係を
定形外郵便よりも安く送ることができます。

集荷はありませんが、ポスト投函で対応できます。

ゆうメールは切手発送もできますので、
先の切手を安く入手するなど工夫をすれば利用価値は高まります。

もしゆうメールを大量に送ることができれば、
郵便局と後納契約を結ぶことによって、送料をかなり安くすることもできます。

この場合はせっかくですので、
普通サイズや大型サイズも含めて後納契約できれば
全体として送料を安く抑えることができるのでチャンスと言えますね。

自己発送が多い場合や、アマゾン物販以外に販売プラットフォームを持ち、多角的に販路を利用している方。
そもそも毎日ある程度の出荷数を維持できる方であれば、日本郵便の後納契約は間違いなく現状の発送コストより安くできるはずなのでオススメです。
ゆうメールのURLは → コチラ

 


 

ゆうパケット:250円〜300円

2016年10月以降は、ゆうパケットが個人でも使えるようになりました。

「厚み3cm・重さ1kgまで」に対応。
何より届くまでの発送スピードが早いのが利点です。

切手貼り付けも対応できますので、
切手を安く仕入れればなお良しです。

「追跡サービス」も対応しています。

ゆうパケットのURLは → コチラ

 


 

らくらくメルカリ便:195円〜

「らくらくメルカリ便」はフリマアプリの「メルカリ」と「ヤマト運輸」が提携した配送サービスです。

メルカリに限ったサービスですが、メルカリの利用者はそもそもかなり多いので、
このサービスを知っておくのは決して損ではないはずです。

送料200円以下で3,000円まで補償があるのがポイントです。

らくらくメルカリ便のURLは → コチラ

 


 

ゆうゆうメルカリ便:175円〜

こちらは「メルカリ」と「日本郵便」が提携した配送サービスになります。

とにかく送料175円からと格安なのがポイント。

らくらくメルカリ便の場合はあくまでヤマト運輸の営業所での対応ですが、
ゆうゆうメルカリ便の場合は、郵便局だけでなく
コンビニ(ローソン・ミニストップ)からも発送できます。

補償にも対応しているので安心です。

その他に匿名配送もできることから、
宛名書きをしなくて良いのも利点と言えます。

ゆうゆうメルカリ便のURLは → コチラ

 

『ヤマト便』:FBA納品の出荷頻度が少ない方や大型サイズ商品の発送手段に

 

大きいサイズの発送手段と言えば、
やはり「ヤマト便」は一番知名度があるかもしれません。

FBA納品時などは特に、大きいサイズの箱に
なるべく商品を詰めるだけ詰めて送料を少しでも安くあげたい。

そう考えて実践している方が一般的かと思います。

特に「ヤマト便」の利用者は非常に多いと思いますので、
こちらでもしっかり解説していきたいと思います。

ヤマト便のURLは→コチラ

ヤマト便の詳細一覧

大きさ縦・横・幅の合計が160cmが超えているものが対象
重量25kg以上が対象。且つ1人で持つことのできる範囲内の重量
料金大きさ・重量による(160cm/30kgで大体2000円くらい)
※営業所持ち込みにより割引あり
30kgまで:120円割引
50kgまで:140円割引
100kgまで:230円割引
150kgまで:320円割引
180kgまで:410円割引
差出場所ヤマト運輸営業所
または集荷
追跡サービスの有無あり
保険任意。1万円あたり10円。最低料金は50円から。


 

ヤマト便のメリットと注意点

【メリットその①「サイズ・重量に制限なし」】
ヤマト便は、その他配送サービス業者では対応不可のケースが多い、
縦・横・幅の合計が160cmを超えているものに対応。

さらに重量が25kgを超えている荷物に対応。

(現実的なケース、1人で持てる範囲内になっていますので、
縦・横・幅の合計は最大でも200cmぐらいか、
重さも30〜40kgくらいが限度かと思います。)

ノアは以前、サイズ180cmの重量45kgほどある荷物を集荷依頼して
何とか持っていってもらいました(苦笑)

 

【メリットその②「比較的料金が安い」】
ヤマト便の利用者が多い理由は、
やはりこの点が一番大きいかと思います。

あくまでざっくりとした金額しか申し上げられませんが、
サイズ160cm重量30kgで大体2000円くらいではないでしょうか。

又、営業所まで持参できる場合は、
持ち込みによる割引が適用されます。
(先の一覧をご参照ください)

 

【※利用上の注意点】
ヤマト便は荷物のサイズや重量的に集荷依頼がメインになるかと思いますが、
通常の発送と異なり、こちらは時間指定ができません。

集荷にくるタイミングが読めないことから外出もできないので
その点がやや不便に感じることがあります。

 


 

『エコムー便』:近隣府県ならサイズ160cmを1180円〜と格安

 

「eco moving」から「エコムー」という名称で、
こちらは「ご近所さん専門の格安宅急便」という事で始まったサービスです。
特にアマゾンFBAへの発送に価値のあるサービスと言えます。

160サイズ・30kg未満が1180円〜という
かなりリーズナブルな送料になっています。

※実は2017年10月21日まで「980円」だったのですが、値上がりした現在でもどこよりも格安に利用できるサービスです。

当サイトは特にアマゾン物販中心でお話しております。

皆さんの発送環境においては、利用頻度が多くなる可能性がありますので、
「エコムー便」に関しては特に詳しく解説をしていきたいと思います。

エコムー便のURLは → コチラ

 


エコムー便の料金と対応サイズについて

料金と対応サイズがこのエコムー便の大きなウリになっています。

以前は、基本的な発送サイズに「3辺が80cm以内/重量5kg未満で680円」
というサービスもありました(現在は下記1パターンのみとなっています)

現在は「3辺160cm以内/重量30kg未満で1180円から」
となっています。

ということで、以前はメルカリやヤフオクでも活用できたのですが、
公式サイトでも書かれてある通り「Amazon FBA」に特化した形に切り替わっています。

マイナス更新の様に思われがちですが、
アマゾン物販の利用者にとっては、このサイズでこの送料は
未だどこよりも格安ですし、既存の宅配便と比べてもかなりリーズナブルです。

ちなみに一般的な宅配便と比べると、このような金額の差があります。

3024円が1960円ということは、つまり
一般の宅配送料と比べて約35%ほど安いということになります。

以前は「はこBOON」というサービスも存在していて、
こちらも利用価値のある優良サービスだったのですが、
2017年8月末を持って休止になっています。

 

ということで、「大型サイズの発送」に関しては、

●160サイズ・30kgまでなら「エコムー便」
●160サイズ超・25kg超なら「ヤマト便」

このような形で、送料を抑えた発送パターンを覚えておくと良いでしょう。

 


 

エコムー便の支払い方法

こちらもサービス開始時から変更があり、現在の支払い方法は
「クレジットカード決済のみ」となっています。

又、手続き上の流れは、事前決済になっています。

決済が事前に済まされていなければ、依頼そのものが完了していたとしても
集荷は実行されませんので注意が必要です。

依頼及び事前決済が完了していれば、
業者さんが自宅まで取りに来てくれます。

利用できるクレジットカードもVISAかMASTERCARDの2社になります。

※JCBやAMEX等は利用できませんのでご注意ください。

 


 

(※重要)エコムー便の配達可能地域について

以前は「配達可能地域が全国でない」というのがデメリットとしてありました。

発送先を拡充していくという話はあったのですが、
そのままサービス形態が縮小化され、代わりというわけではないと思いますが

※『Amazon FBA利用者専用「エコムー便」』・『一般利用の「エコムー便」』
どちらも【全国対応】という形に切り替わりました。
(沖縄と離島を除く)

 

『Amazon FBA利用者専用「エコムー便」』ではない場合は
コチラで確認ができるようになっています。

基本的に近隣の都道府県であればエコムー便は全国的に利用可能です。

 


 

エコムー便のサービス水準とその利用価値は?・・・

大手運送業者よりも安いということで、
サービスそのものに不安な部分もあるかと思います。

しかしエコムー便は実は大手である「佐川急便」が担当しているので
いわゆる一般的な宅配便とサービスの水準はほとんど変わりません。

いくつか気になるポイントをまとめてご説明します。

【配達業者と補償について】
配送業者は先にお伝えした通り「佐川急便」です。

また、配送事故の補償も佐川急便の内容に準じて行われます。

 

【配達日数について】
基本的に、荷物を出した翌日にはお届け先に到着する流れです。

 

【荷物の追跡番号について】
追跡番号ももちろんありますので、荷物の行方を追う事も可能です。

【配達可能な品物について】
危険物に該当するものや金品等、そういったものはエコムー便で送ることができません。

危険物の発送に関しては、もし量送るとかでしたら
「ヤマト便」でお願いするしかないですね。

ノアも取り扱ったことはありますが、
Amazonでは危険物に該当する商品も、申請が通れば販売実施可能です。

 

【サイズ・重量オーバーだった場合は?】
別途追加料金が発生します。

梱包の際は箱のサイズギリギリまで品物を詰めたり、
計量器を使ってギリギリのグラム単位まで詰めるなどはせず、
ある程度余裕を持たせて梱包したほうが無難ですね。

 


 

エコムー便の利用方法は?

利用方法はかんたん4ステップです。
特に難しくありませんよ。

①荷物を準備
②公式サイトより集荷を依頼する
③公式サイトにて代金を決済する
④配送業者の集荷を待つ

エコムー便に関しての詳しい解説は以上になります。


さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

特にAmazon物販においては
商品のカテゴリや品物自体が新品・中古どちらか?
それによって荷物の量が大きく違ってくる場合があります。

今回ご紹介した各種サービスをうまく使い分けることで
「送料」のコスト軽減を図っていただければと思います。

Amazon物販においては基本
FBA倉庫にまとめて発送するのが一番ベストと思います。

多少自己発送よりも販売手数料が高くつきますが、
それ以上のメリットをFBAは提供しています。

(FBA利用のメリットは「コチラ」の記事をご参照ください。)

 

●オークションサイトやフリマアプリで一品一品の販売に対応するなら「小型対応の配送サービス」を。

●Amazon販売なら、なるべく多くの商品をまとめて「大型対応の配送サービス」でFBAへ納品を。

 

今回の記事内容でお伝えしたメリットなどを参考に
お得な各種配送サービスをぜひご活用ください!

 

「稼ぐことをあきらめない!!」「共に頑張って参りましょう!!」

今回は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!ヾ(⌒▽⌒)ゞ

 


【応援をよろしくお願い致します】

今回の記事が少しでも「面白かった!」「タメになった!」と思っていただけたようでしたら、下記リンクからランキングボタンをクリックしてもらえると励みになります。

サイト更新を日々頑張れるのは
これも全て閲覧くださる皆様のおかげです。

 

他では手に入らないような濃い情報、最速で稼げるソリューションをお届けするためにも、
あなたの1票を心よりお待ちしております。


メルマガ配信では
差別化に集中した濃いコンテンツ 】
【 公に出せない非公開特典 】
満載でお届けしています。

(↓詳しいご案内は下記バナーをクリックください↓)

 

ピックアップ記事

  1. 3/29コラム 「”消費者心理”を理解できれば、あなたも「稼げるせどらー」に大変…
  2. 保護中: 【Amazon規制の抜け道】【フリマ・ヤフオク・Amazon仕入れ→新…
  3. 3/24コラム「物販の稼ぎ方〜 僕は”この意識と作業”をひたすら続けただけ。 …
  4. 予約転売する場合は、新作ゲームソフト・DVDが中心。
  5. 保護中: 「ただ横流しするだけ」中国輸入品を利用したAmazon激安仕入れからフ…

関連記事

  1. せどり基礎知識

    Amazon出品用アカウントの作成

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  2. せどり基礎知識

    Amazon FBA(フルフィルメント by アマゾン)解説と利用登録方法

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  3. せどり基礎知識

    せどりに必要な各種道具類について

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  4. せどり基礎知識

    「モノレート理解」-見方のコツとポイント解説-

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  5. せどり基礎知識

    ローリスクハイリターン仕入れ+高く売る方法=利益最大化!

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  6. 【せどり】

    せどりとは

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

無料メールマガジン(せどり実践者向け)

無料メールマガジン(情報発信者向け)

ノア「オリジナルコンテンツ」

ノアが覚醒した次元アップ教材

いまこの記事が読まれています

ノアプロフィール

【ニッチ】【トレンド】を得意としています。

 

 

【物販ビジネス実績】

2017年12月 せどり月商700万/月収210万達成!

 

2018年3月 せどり月商1000万/月収300万達成!

 

(※メイン/サブ 2アカウント合計)

 

eBay・米Amazonへの輸出や、ヤフーショッピング出店等販売プラットフォームの拡大も進行中。

 

情報発信でも毎月50万円以上稼いでいます。

 

小学4年生になる10歳の最愛の我が娘とそして妻の為に、日々せどりの実践に没頭中。

趣味はプロレス観戦。

ランキングに参加中!

  1. コラム

    3/29コラム 「”消費者心理”を理解できれば、あなたも「稼げるせどらー」に大変…
  2. コラム

    3/24コラム「物販の稼ぎ方〜 僕は”この意識と作業”をひたすら続けただけ。 …
  3. 仕入先サイト・申請等

    資金0ゼロから始められる!せどりを行うための「資金作り」の方法を解説
  4. 店舗せどりノウハウ

    ご家族を連れてよく行くあのお店が実は仕入れし放題!楽しく買い物をしている家族のそ…
  5. コラム

    3/17コラム②「つまるところ”せどりの稼ぎ方”の究極ってコレです。」
PAGE TOP