せどり基礎知識

アマゾンメインカート獲得の重要性

どうもこんにちは!
ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ

 

Amazon販売において、「ショッピングカート(一般的にはメインカートとよく呼ばれてます)」を獲得できるかどうかは、

自身の商品の売れ行きに大きく影響を与えます。

 

なぜなら・・・

 

アマゾンで商品の購入を検討しているお客様の目に一番先に入るのが、商品ページを開いた時に表示される下記ページからの購入が圧倒的に多いからです。

 

 

※一般消費者は、1つの商品をいくつもの店舗が異なる価格で

販売されていることを知らない人がほとんどなんですね。

 

 

もちろん、いくつもの店舗が出品していることを分かっているお客さんも多いです。

けれど、ショッピングカートのボタンから購入することが

「1番安心」だと考えている人が少なくないんですね。

 

よって、自分が仕入れた商品が、商品ページのメインカートを取得しているかどうか?は、かなり重要なポイントになってきます。

今回はこの点を詳しく解説していきたいと思います!(*´・∀・*)

 


ショッピングカート(メインカート)の獲得とは?

 

まず、「ショッピングカートを獲得する」とは、どういう状況のことを言ってるのか?

こちらを詳しく解説していきます。

 

Amazonの商品ページ右側にある

「カートに入れる」をクリックすると、

商品がショッピングカートに入ります。

 

この時、ショッピングカートに入る商品の販売元に選ばれている状態

「ショッピングカートを獲得している」ということになります。

 

商品価格下に記載されている、

「この商品は●●●が販売〜」という部分の”●●●”の部分が、

その商品のショッピングカートを獲得しているセラーということになります。

 

ちなみに「カートに入れる」の下に「1-Clickで今すぐ買う」というボタンもあります。

この「1-Clickで今すぐ買う」というボタンは、一旦ショッピングカートの中に入った後、購入の保留状態にはならずに、そのままダイレクトに決済完了まで進むボタンになっています。

 

「1-Clickで今すぐ買う」というダイレクト決済のシステムは、実はアマゾンの特許でもあります。

 

どちらにせよ、ショッピングカート(メインカート)を取得しているというのは、販売者にとって大きなアドバンテージになることをしっかり覚えておいてください。

 


ショッピングカート(メインカート)の獲得方法

 

ショッピングカートの具体的な獲得方法については、

Amazonが以下のように説明をしています。

 

 

Amazon.co.jpサイトの顧客満足度向上のため、

出品者がショッピングカートボックス獲得資格を得るには所定の要件を満たしている必要があります。

1:注文不良率:注文不良率は、購入者からの評価、Amazonマーケットプレイス保証やチャージバックの申請率の割合を元に算出されます。

2:その他の出品者のパフォーマンスの指標

3:配送スピード、配送方法、価格、FBAの利用によるものも含む年中無休のカスタマーサービスなどを通じて、商品と共に購入者に提供されるショッピング体験全般。

4:Amazon.co.jpで出品している期間と取引の数

5:出品形態が「大口出品」であるかどうか

 

 

特に重要なポイントは、

5にある「出品形態が大口出品である」ことです。

 

さらに3の、配送スピード、配送方法、価格、という項目も

合わせて非常に重要な要素となります。

 

これらはFBAを利用する」ことで、クリアすることができます。

なぜなら、

FBAが最も迅速かつ確実に商品を発送できるサービスになっているからです。

 

詳しくはFBAに関しての解説記事もありますのでこちらをご覧になられてください。

 

実際にメインカートを取得しているセラーは、

ほぼ全てと言っていいほど「FBA利用者」です。

 

このように、「FBA」を利用しているかどうか?

そして「商品価格」によって

メインカートを取得できるかどうかが決まってくるんですね。

 

当サイトでも、「FBA利用を推奨」しています。

 

FBAを利用さえしていれば、その後セラーが行う商品管理は、

商品価格の設定を注意して行うくらいで済みます。

 

基本的には、

販売価格をショッピングカートを獲得しているセラーと同額に設定する

こちらがオススメです。

 

その後、なるべく常時メインカートを維持し続けるために、状況を見ながら適宜値上げ・値下げ等よる「価格調整を実施する」ようにしてください。

 

基本的にメインカートを獲得していれば、ほぼほぼ優先的にその商品が売れると思ってください。

 

だからこそ、セラー同士の価格競争なども引き起こったりするんですね。

 


 

Amazonがメインカートを取得している場合とその対処法

 

残念ながら、

どうすればメインカートを取れるか

その詳しい情報公開はされておらず、

正確なデータは公に存在しておりません。

 

しかし、様々な実践経験による検証の結果、

ある程度の法則は分かっています。(b゜ω^)

メインカートは、1人のセラーがずっと取得しているわけではなく、

ある程度の「条件を満たしたセラー」の間で

「順番に」回っていきます。

 

ただし、その順番は常に平等に回ってくるわけではなく、

「より条件を満たしているセラー」の方が

「メインカートを長く取得できる」ようです。

 

 

メインカートを取るための条件とはどういったものなのか?

もう一度復習含めご説明します。

 

 

カートを取るために、 一番重要だと考えられているのは

【価格と FBA出品かどうか】です。

こちらは先にもご説明しました通り絶対の条件となります。

そのほかには、

 

評価の多い出品者
在庫の多い出品者

 

 

がカートを取りやすくなっているようです。

 

逆に、「注文不良率が多い」と

カートが取りにくくなるともいわれています。

 

そして、Amazon本体は

評価も在庫も最大の完璧なセラー

と考えることができます。

 

通常Amazonが出品している商品は、

同価格でもメインカートかを取れることがめったにありません。

ですので基本的には、Amazonの出品がある商品には、手を出さない人が多いんですね。

 


Amazon出品があってもメインカートを取得できる商品

 

「Amazon本体が販売しているのにメインカートが取れる」

そんな方法があるのか?と疑問に思われると思います。

 

これにはふた通りのやり方がありますので、それをこれから解説していきますね。

まず一つ目は、

 

「Amazonより安値で販売」すればメインカートを取れる商品はあります。

「ポイントを付けて売る」ことでもカートを取れます。

 

 

しかし、

特定の商品に限り、Amazon本体がいても

さらには、”それより高値”で販売することも可能なんです。

それはいったいどのような商品なのでしょうか?・・・・

それは、

 

【Amazon倉庫内に在庫を持っていない商品】

 

です。(・∀・)

すでにせどり実践中の方の中には、Amazonが販売している商品で、このような状況を見たことはありませんでしたか?

 

「Amazonが在庫を持っていない商品」というのは

これらが目印になります。

 

ではどうやって探すのか?と言いますと、

こういった際も「モノレート」が活用できます。

それでは、実際に売れた商品を元に

続けて詳しく解説していきます。

 


 

実際にメインカートを取得して売れた商品例

 

まずは、こちらの商品になります。

 


「ティファール 電気ケトル 1.2L ジャスティン プラス カカオブラック KO3408JP」

現在のカート価格は「4,080円」になっています。

 

そしてAmazon本体はというと・・・

Amazonがいるけれども、実際Amazonは在庫切れ

Amazonの販売価格「3,356円」に対し、メインカート価格は「4,080円」です。

つまり現在この商品は、

「Amazonより700円以上高く販売できている」

ということなんですね。

 

それでは、モノレートを見てみましょう。

http://mnrate.com/item/aid/B00LGM51IC#graph

 

まず、1つ目の目印です。

 

モノレート上だとこのように、

「発送まで期間あり」と表示されます。

 

(その左にある数字「3356」というのは、アマゾンの販売価格の数字です)

 

この状態で出品者が他にいない、

あるいはFBA出品者がいなければ、

独占仕入れも可能な商品となります。

 

ただし少数ですが、

「在庫あり」と表示されるものもあるので、

「在庫あり」の場合は、
次の2つ目の目印を確認してください。

 

2 つ目の目印は、

 

【アマゾン本体とカート価格】

 

です。

 

ちょっと細かくて見づらいかもしれませんが、

 

モノレートをパソコン上で見れば、

Amazon本体がいるのに、

「カートがAmazon以上の価格帯にある」ことが分かります。

 

 

この商品の場合は他にも販売者がいるため、

独占にはなりませんが、実際Amazonより高値での販売は可能です。

 

 

最後に注意すべき点がありますので、もう一つ紹介します。

 


「きぐるみキャップ ミニオンズ ボブ RBJ-114」

Amazonの販売状態は「1〜2か月以内の発送」となっていますが、

 

「カート価格がAmazon価格と同じ」

 

になっていますよね。

ここが注意点です。

 

ツールを使って価格改定する場合、

カートで合わせる設定が多く使われています。

(”ツール”に関してのご説明は別記事にて解説致します)

 

そのため、

「Amazonの販売価格と同額」になってしまい、

せっかく高値で売れるチャンスなのに、

利益を損なう結果となってしまいます。

 

この商品をモノレートグラフで確認してみると、

Amazon販売価格以上の金額で販売されていたであろうことが伺えます。

 

Amazonが在庫切れを起こしている間、

水色のカート価格を見るとわかりますが、

割と長くプレ値状態になっていたと見られます。

http://mnrate.com/item/aid/B01IAVOLP0

 

 

今回紹介した商品だけに限らず、

いずれAmazonが「在庫復活する商品」です。

基本的に深追いはせず、「稼げるうちに稼ぐ」といったやり方で

「小ロットの仕入れで留めておくのがベスト」ですね。

 

 

このように「実質Amazon在庫切れ」と「自分だけ」の状態であれば

その一定期間は【独占状態】を得られます。

実際このような商品を見つけられれば、

良い仕入れに繋がるでしょう(*´∇`)
ということで、いかがでしたでしょうか?

 

メインカートを獲得することの意味はご理解いただけたかなと思います。

アマゾンメインカート獲得の重要性についての解説は以上になります。

 

「稼ぐことをあきらめない!!」「共に頑張って参りましょう!!」

今回は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!ヾ(⌒▽⌒)ゞ

 

ピックアップ記事

  1. 予約転売する場合は、新作ゲームソフト・DVDが中心。
  2. 「ただ横流しするだけ」中国輸入品を利用したAmazon激安仕入れからフリマ転売の…
  3. 3/24コラム「物販の稼ぎ方〜 僕は”この意識と作業”をひたすら続けただけ。 …
  4. 「特に初心者は必見です!」なるべく秘密にしておきたい「〇〇仕入れメルカリ販売手法…
  5. 3/29コラム 「”消費者心理”を理解できれば、あなたも「稼げるせどらー」に大変…

関連記事

  1. せどり基礎知識

    Amazon FBA(フルフィルメント by アマゾン)解説と利用登録方法

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  2. 【せどり】

    せどりとは

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  3. せどり基礎知識

    Amazon出品用アカウントの作成

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  4. せどり基礎知識

    ローリスクハイリターン仕入れ+高く売る方法=利益最大化!

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  5. せどり基礎知識

    送料を安くする為の各種発送方法まとめ

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

ノア「オリジナルコンテンツ」

ノアが覚醒した次元アップ教材

いまこの記事が読まれています

ノアプロフィール

【ニッチ】【トレンド】を得意としています。

 

 

【物販ビジネス実績】

2017年12月 せどり月商700万/月収210万達成!

 

2018年3月 せどり月商1000万/月収300万達成!

 

(※メイン/サブ 2アカウント合計)

 

eBay・米Amazonへの輸出や、ヤフーショッピング出店等販売プラットフォームの拡大も進行中。

 

情報発信でも毎月50万円以上稼いでいます。

 

小学4年生になる10歳の最愛の我が娘とそして妻の為に、日々せどりの実践に没頭中。

趣味はプロレス観戦。

ランキングに参加中!

  1. コラム

    3/21コラム「せどりをやってて情報発信をやらないのは大きな損失」
  2. せどり基礎知識

    Amazonセラーアカウントの閉鎖リスクについて(その他:評価削除方法)
  3. ニッチせどりノウハウ

    ニッチせどりは面白い!
  4. コラム

    3/17コラム「せどりに宝の地図なんて存在しない」
  5. 稼ぐための戦術と戦略

    【現実を受け止める力=自由を切り開く力】本せどりを例にして、現実(本音)を語って…
PAGE TOP