電脳せどりノウハウ

「電脳せどり」の仕入れかた(仕入先:ヤフオク編)

どうもこんにちは!
ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ

 

今回は実際に仕入れサイトを使って、アマゾンで利益が取れて売れる商品を一緒に見つけていきたいと思います。

 

(「メルカリ仕入れ」を詳しく知りたいという方は下の記事をご覧ください)

↓↓

『電脳せどりの仕入れ方(仕入先:メルカリ編)』

 

今回はネットで仕入れてアマゾンで売る流れ

いわゆる「電脳せどり」から

仕入先「ヤフーオークション(現:ヤフオク!)」でご説明したいと思います。(人ω・*)

 


ヤフオク!とは

 

ヤフーオークション(名称がヤフオク!になりました。)
のサービス開始は、1999 年 9 月。

今年2017年9月で丸18 年目となる「老舗中の老舗サイト」になります。

 

Amazon物販で稼ぐという観点において、

特にせどり初心者の方にとっては、

経験値と収益を得るための良い経験にもなる場所がこの

 

ヤフオク!

 

になります。

(ヤフオク!サイトURL↓)

https://auctions.yahoo.co.jp/

 

今はヤフオク!同様にメルカリの認知度も非常に高く、利用者・活用者も多いですよね!こちらも別記事で解説させていただきます。

 

なぜ、一番先にこの「ヤフオク!」の紹介をさせていただいてるかと言いますと・・・ズバリ

 

【アマゾンで売れる商品かつ、利益の取れる商品が仕入れられる】

 

からです。

 

ちなみに僕自身も、せどりの実践はヤフオク!仕入れから始めました。

 

 

ヤフオク!はインターネット上で個人の私物から実店舗・業者さんの取り扱う品物まで

大変多くの方々が、様々な商品を出品されています。

 

復習になりますが、物販で稼ぐ為には

 

【安く仕入れて高く売る】

(※語弊がないように、「高く売る」というのは決して高く売りつける訳ではありませんw)

 

ことが必要なので、つまり

 

「ヤフオク!で価格差のある商品を安く仕入れて、

それをアマゾンで販売し利益を得る!」

 

という形が今回解説する流れになります。(人ω・*)

 


「ヤフオク仕入れAmazon販売」の流れ(電脳せどりで商品を仕入れるためのコツ)

 

今回は、実際に僕自身がヤフオク!で仕入れて、

Amazonで販売し利益を獲得した方法をご紹介したいと思います。

 

同じように手順を追って作業されますと、きちんと

「オークション仕入れアマゾン販売」

の実践と経験が積めますので、ぜひ取り組んでみてくださいね!(`・ω・´)/

 

電脳せどりで仕入れをするには、下の2つのステップを踏むことになります。

 

 

STEP①:利益が出る商品をAmazonサイトで見つける。

STEP②:見つけた商品をヤフオク(やネットショップで)安く仕入れることができないか探す

 

(ネットショップ仕入れは別記事で解説します)

 

さて、2つのステップについて解説する前に・・・

 

 

【「Amazonで利益が出る商品」とは一体どんな商品なのか?】

 

 

こちらをまず知る必要がありますよね。

 

 Amazonの規約変更により、「個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品」は、新品としての出品が禁止されました。
新品として出品する場合は、「個人(個人事業主を除く)」以外から仕入れないと、最悪アカウント停止や閉鎖の恐れがあります。

要するに「ヤフオク!」で仕入れる際、相手が個人であった場合は、その商品を新品コンディションでアマゾンで売ることはできないということです。

 


Amazonで利益が出る商品とは?

Amazonで利益の出る商品は、大きく分けて「3つ」あります。

 

●アマゾンが販売していない

●出品者(ライバル)が少ない

●売れている商品である

 

 

「アマゾンが販売していない」

実際にどんな品物でも構いませんので、アマゾンが出品をしている商品ページをご覧になられるとよくわかります。

ほとんどのケースとして、

アマゾンの販売価格が一番安く、かつ在庫の数も多かったりします。

仮にそういった商品を仕入れて出品をしても・・・

 

 

・一向に自分の出番が回ってこない(売れない)

・利益を損ねる(アマゾンと価格競争をした場合)

 

 

といった形でメリットになることがありません。

ですので極力、アマゾンが出品している商品には手を出さない方が賢明です。

 

「出品者(ライバル)が少ない」

出品者の数が少なければ少ないほど、自分から買ってもらえる確率が上がります。

逆に出品者の数が多ければ多いほど、価格競争に陥りやすく(=早く自分の商品を売りたいが為に値引きをする)、当初の利益計算通りで売れなくなってしまう可能性が高くなります。

 

「売れている商品である」

売れている商品でないと、つまりそれは、

せっかく仕入れた商品がなかなか売れないということに繋がります。

 

なかなか売れない商品で仕入れ資金を使っていると、

その分回収が遅れますので、

 

 

・仕入れ資金の枯渇

・不良在庫を抱える

 

 

売れなければお金も増えていきませんので、

なるべく良く売れている商品を見つけて仕入れることが大事です。

これによっては最悪、せどり自体の行動がストップしてしまう恐れもありますから、「独自の仕入れ基準を持つこと」が大事になってきます。

 

 

例えばこちらの商品ページをご覧ください。

赤枠の中にご注目です。

「アマゾンが販売・発送」とありますね。

さらに在庫は残り8点とあり、(入荷予定あり)とも書かれてあります。

 

この商品が例え人気が高く、利益の取れる商品であったとしても、

アマゾンの出品があり、且つ在庫を確保している商品であることから、

 

【仕入れ対象から外すべき商品】

 

であることがわかります。

 

では逆に【仕入れ対象になる商品】を見てみましょう。

 

 

 

こちらは先ほどのように、

「アマゾンが販売・発送」という明記はなく、

「残り●点」といった在庫数の表記もありません。

 

こういった商品が【アマゾンが出品をしていない商品】になります。

 

まずはこのような商品を見つけることから始めます。

 

さらに、作品名のすぐ下に「カスタマーレビュー」の記載があります。

 

こちらをクリックするとレビュー欄にページが移動し、

 

 

このように、この商品に対する購入者の評価を確認することができます。

 

そもそも評価がつけられている商品であることも重要ですが、

その評価ランクも高いことが確認できます。

 

「評価がつけられている」ということは、

それだけその商品に対して認知度があることを示し、

又、今回は評価ランクも高いことから、

 

極めて人気がある商品と推測ができます。

 

人気があれば、当然売れていると考えられますよね?

 

ですので、評価が付いているかどうか?(さらに評価ランクも)のチェックも必ず行なってください。

 

 

確実に売れている商品かどうかを確認する為にもう一つ、

”必須”となるサイトがあります。

 

 

 

「モノレート」というサイトになります。

(モノレートサイトURL↓)

http://mnrate.com/

 

(モノレートの詳しい見方のコツなどは、コチラの記事をご覧になられてください)

 

このサイトがなんなのかというと・・・

 

【検索したアマゾンの商品の、「売れ行きランキング」と「価格推移」・「ライバル件数」のチェックができるサイト】

 

になります。

 

先ほどの商品を「モノレート」で調べると・・・

 

・アマゾン販売 → ありません

・ランキング → 860位(860位というのは本のカテゴリでは極めて高いランキングです)

 

こういった情報が一目でわかります。

 

さらに・・・

 

(少しでも見やすいように「新品」のみの表示にしています)

先ほどの画像より下にスクロールすると、このようなグラフの表示が現れます。

 

最安値の動き

出品者数の増減の動き

ランキングの変動

(もう一つ下に「モノレートユーザー」というものがありますが、こちらは別記事で詳しくご説明します)

 

「売れているかどうか?」の確認は、もちろん「ランキング」ですね。

 

アマゾンでは、商品が売れたタイミングでランキングが上がりますので、

ランキングのギザギザが下に行けば行くほどランキングが高くなり、

ギザギザの数が多ければ多いほど、よく売れているということになります。

 

現段階はざっくりとで構いませんのでこれだけ覚えておいてください。

 

この商品の場合、あまりに売れすぎていてギザギザも

ギザギザになっているかどうかの判断さえ見分けがつかないくらいですw

 

そのくらい良く売れているということですね。
(だからこそランキング順位も860位と高ランクを示しています)

 

では、この3つの条件が揃った商品を見つけるにはどうすればよいか?・・・

ここが重要になってきますよね。

 

僕がせどり初心者で始めた頃に、

販売をして利益を得たノウハウでもある

「トミカ仕入れ」を例にとって

 

次からその方法を解説します。

 


【電脳せどりの仕入れかた -STEP1-】Amazonで利益の出る商品の見つけ方

 

アマゾンでは、膨大な数の商品が販売されています。

商品カテゴリも多数。

さらに細分化されたジャンルも多数。。。

そんな中、ただ闇雲に検索しても、利益の出る商品は簡単には見つかりません。

 

利益の出る商品を探すためには、様々な方法があるのですが、

基本をしっかり学ぶことで

 

守 → 破 → 離

 

このようなステップへと展開していくことができるようになります。

 

ですからその為に、ここでしっかりと基礎となるやり方を学んでいってください!o(・ω・´o)

 

今回は最も基本となる、

 

【Amazonのカテゴリーを細かく絞り込む】

 

この方法で利益の出る商品を探してみましょう。

 

まず、Amazonのトップページから「カテゴリー」をクリックすると一覧が表示されますので、そこから「ベビー・おもちゃ・ホビー」「おもちゃ」とクリック。

 

 

おもちゃのページを少し下にスクロールさせて、

「キャラクター・シリーズから選ぶ」「トミカ」

こちらのミニカーの写真をクリックしてください。

 

 

ページが「トミカストア」というページに切り替わります。

このページの左側にある「トミカシリーズ」「トミカ(箱)」をのボックスをチェックします。

 

 

「トミカ(箱)」の一覧ページに移動しますが、商品数が792件もあると見切れませんので絞り込みを行います。

 

同じく左側にある「カスタマーレビュー」という項目で「星3つ以上」をクリック。

星の数が3以上あれば、良い評価かつ人気商品(プレミア商品)として申し分ないと思います。

 

商品数が382まで絞り込まれました。

まだ多いので、更に価格でも絞り込みを行います。

「2000円‐3000円」をクリック。

僕が当時「トミカせどり」をしていた頃の価格帯は「1500-5000円」でした。
アマゾン自体も日々お客様に対してのユーザビリティー向上の為に進化しています。この辺りの細かい所は臨機応変に対応していきましょう。

 

商品数が67件まで絞り込まれました。

このくらいで十分でしょう。

あとは基本的に上から順番に商品を見ていってください。

早速ですが、先ほどの絞り込み結果1ページ目の2段目に

こんな商品がありました。

 

画像をクリックすると商品ページに移動します。

こちらで見てもおわかりのとおり、

「Amazonの販売・発送」の記載がありませんね。

まず「アマゾン出品なし」の商品ということで第一段階はクリアです。

 

こういった情報も「モノレート」を見ればすぐわかります。

常にモノレートもインターネットブラウザ上で別タブで開いておくと良いでしょう。

モノレートを開くと、同様にアマゾン販売はありませんと書かれていますね。

 

ランキングは52699位。

これだと販売の動きは弱いと思いますが、あくまで実践を学ぶための練習なので、そのまま続けていきますね。

 

せっかくなのでギザギザを確認してみましょう。3ヶ月データを見てみます。

 

ランキングを拡大します。

ギザギザの振れの数をカウントすると、わかりやすいですね。

このように3ヶ月9個は確実に売れているのがわかります。

(7、8の所は見づらいかもしれませんが。)

 

より正確に判断するには、さらにモノレートのグラフデータよりも下にスクロールすると・・・

 

このようにより細かい時系列データで見ていくことができます。

 

先ほどのギザギザだけだと、実際に売れたのが「新品なのか?中古なのか?」がわかりません。

ですのでこの時系列データでさらに確認することによって、正確な販売数を把握することができるようになります。

 

これは1ヶ月の時系列だけでみた結果ですが、

 

上の四角では、どの出品者の数も減っていないので、実際どのコンディションの商品が売れたのかがわかりません。

このケースは、在庫が1個ではなく、複数持っていた出品者から売れたと推測ができます。

ですので出品者数の減少が見られないわけですね。

 

 

下の四角では、明らかに新品で売れたのがわかります。

しかも出品数が「11」から「9」に減少しているので、一度に2個売れた可能性もあります。

 

”可能性もある”という言い方をしているのにはワケがありまして、

実際は”規約違反”なんで良くないことなんですが(※真似はしないでください)、稀に同じ出品者で重複した出品をしてることがあります。

もしかしたらですが、実際は1個しか売れていないのに、同じ出品者で2枠取っていたということで、2個売れたという形になってしまったということも考えられます。

 

とりあえず1ヶ月で最低でも2回は動きがあるのがわかりますよね。

 

で、実際売れる順番はどうなのか?というと、

基本的には「同じコンディションの中で安い金額のもの」が優先的に売れていきやすいですが・・・

新品を例にとって、画像の上二つを見てみてください。

 

 

2240円プラス自己発送の送料440円(2680円)のものと

2900円FBAのものですね。

 

 

この場合、二つの価格差は220円です。

もしかすると2900円のFBAの商品が先に売れるかもしれません。

 

こればっかりはお客さんの判断によりますが、

 

220円高くてもすぐ欲しいならFBA。

すぐじゃなくて少しでも安い方なら自己発送。

 

細かいこと言えば、自己発送の方は一切説明文が書かれていません。

それを怪しんで多少高くてもFBAの方を選ぶということも考えられます。

 

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが^^;

 

けれどこのように

【お客様の心理(どっちを買おうかな?)】

【ライバル出品者の販売価格や説明文内容】

なども、仕入れ判断の材料にすることは非常に重要なポイントでもあります。

 

さらに、「いざ仕入れて出品しよう!」となった場合の、

「自身の販売価格を設定する際」にも役立ちます。

 

はじめのうちは、ついつい目先の利益に目が行きがちになりやすいです(※これが初心者やうまく稼げない人の典型的なパターンです)。しかしこのように俯瞰的かつ相対的に商品のリサーチをすることが、強いては想定利益を損ねないことに繋がりますので、初心者の内から徹底してこのように細かく見るクセをつけましょう!

 

ややギザギザの数は少ないので、

本来なら仕入れ対象にすべきかどうか微妙なところではありますが・・・^^;

流れを把握するためにも、このままヤフオク仕入れに進めて行きましょう。

 


【電脳せどりの仕入れかた -STEP2-】Amazonで見つけた商品をヤフオクで探す

 

それではいよいよ、ヤフオクで検索してみましょう。

アマゾンに出ていた「トミカ No.85 三菱 パジェロ(箱)」
という商品名でもヒットされると思いますが、

オークションサイトやフリマアプリ等で検索する場合は、【なるべくざっくりとしたキーワード】にした方が、同じ商品の検索を数多くヒットしやすくなります。

 

今回は「トミカ 85 パジェロ 」で検索してみます。

 

例えば「トミカ 85」で検索してしまうと、違うメーカーの85番の車(例:トヨタや日産など)も検索されてしまうので、ちょっと広すぎてしまいます。

 

早速1件見つけることができました。新品のようですね。

 

 

次に出品者の商品詳細ページを見てみましょう。

オークションサイトやフリマアプリから仕入れる際に必ず注意しないといけないのは、赤い丸を付けた部分です。

 

商品写真、入札件数、残り時間、価格、出品者の評価

 

特に評価は見落としがちですが、必ず見るようにしてください。

 

悪い評価(この場合傘マーク)が1つでもある場合は、たとえ安くても入札は見送るのが無難です。

 

他にも、商品説明や支払いに関する情報(支払い方法と送料)があります。

 

現段階では一つ一つをリサーチ時に細かく確認する必要はありません。

リサーチの時は「ザックリ見るだけ」に留めておいて、アマゾンの商品と同じ商品であるものを「ウォッチリスト」に入れておき、「後でまとめて確認する」方が効率的です。

ウォッチリストに入れた商品は入札候補になります。

残り時間など様子を見て、入札するかどうか決めていくようにしましょう。

 

又、オークションサイトでもありながら「この金額だったら即決めますよ」といった「即決価格」というのもあります。

出品者側で設定するので、必ずしも全ての出品商品にあるわけではないですが、即決でも安く仕入れられる場合がありますので、一緒に覚えておいてください。

 


 

まとめ

 

今回はおもちゃの「トミカ」を例にとって一連の流れを解説してみました。

現在はアマゾンの規約変更により、個人出品からの仕入れによる新品出品はできないのですが、それでも「中古のほぼ新品」による出品なら何ら問題ありません。

 

出品者が個人である場合は、

 

 

・アマゾンページは現在の中古出品状況を確認。

・モノレートも中古で確認。

 

 

リサーチの手順は今回と同じようにして実践してみてください。

 

以上が基本の検索方法である

「Amazonカテゴリーを細かく絞る」

やり方です。

 

ここがまずは基本となりますから、必ずマスターするようにしてくださいね!o(・ω・´o)

 

 

では今回の要点を下記にまとめたいと思います。

 


 

【電脳せどりの仕入れかたステップ(ヤフオク版)】

  1. Amazonサイト内でカテゴリを細かく絞る。
  2. 検索結果の数が多くとも少なくとも「評価数3以上」にチェックを。
  3. 検索件数が多い場合は「価格帯」からも絞り込みを。(※あまり安い価格帯にすると利益の出る商品は見つけづらくなりますのでその点だけ注意)
  4. 見つけた商品をヤフオクやネットショップで安く仕入れることができないか探す。

 

【利益が出る商品とは?】

  •  Amazon出品がないこと。
  •  ライバルが少ない。(仮に多くてもそれ以上に安く仕入れることができればOK!)
  •  良く売れている(モノレートで必ず過去データを確認!)

 

【Amazonで利益の出る商品を探すためには「細かい絞り込み検索」】

  • 商品ブランド(メーカー)
  • ブランド内の種類
  • カスタマーレビューの星の数
  • 価格帯 から細かく絞ること。

 

【ヤフオク(メルカリ)で検索する際は・・・】

  • 詳細な商品名で検索するのではなく、ややざっくりとしたキーワードにして検索すること(ヒットする数を多くするため)
  • 仕入れ対象になりそうな良さそうな商品が見つかったら、ひとまず「ウォッチリスト」へ。(ただし、”即決で安い”場合は、しっかり詳細を読んだ上で問題なければ即仕入れへ。→ライバルに先に買われてしまう場合もあるため)

 


 

ヤフオク仕入れの他に【メルカリ仕入れ】も電脳仕入れはセットとして覚えるべき必須のスキルです。

↓↓↓

『電脳せどりの仕入れ方(仕入先:メルカリ編)』

こちらもぜひご一読いただければと思います!

 

「稼ぐことをあきらめない!!」「共に頑張って参りましょう!!」

今回は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!ヾ(⌒▽⌒)ゞ

 


【応援をよろしくお願い致します】

今回の記事が少しでも「面白かった!」「タメになった!」と思っていただけたようでしたら、下記リンクからランキングボタンをクリックしてもらえると励みになります。

サイト更新を日々頑張れるのは
これも全て閲覧くださる皆様のおかげです。

 

他では手に入らないような濃い情報、最速で稼げるソリューションをお届けするためにも、
あなたの1票を心よりお待ちしております。


メルマガ配信では
差別化に集中した濃いコンテンツ 】
【 公に出せない非公開特典 】
満載でお届けしています。

(↓詳しいご案内は下記バナーをクリックください↓)

 

ピックアップ記事

  1. 予約転売する場合は、新作ゲームソフト・DVDが中心。
  2. 3/28コラム「ノアのメルマガの反響には、”明確な理由”があります。」
  3. 保護中: 【Amazon規制の抜け道】【フリマ・ヤフオク・Amazon仕入れ→新…
  4. 3/29コラム 「”消費者心理”を理解できれば、あなたも「稼げるせどらー」に大変…
  5. 【さらに利益が5〜10%UP!】あの有名な最安値サイトをさらに下回るお店を探せる…

関連記事

  1. 電脳せどりノウハウ

    保護中: 電脳中古仕入れサイトで利益率50%の秘密のキーワードと手法をまとめて公開!

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  2. 電脳せどりノウハウ

    ヘルス&ビューティー(ドラッグストア)攻略メソッド

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

  3. 電脳せどりノウハウ

    【中古家電電脳メソッド】高利益率・高回転の電脳特化中古家電せどり

    どうもこんにちは!ニッチせどらーのノアですヾ(⌒▽⌒)ゞ&…

無料メールマガジン(せどり実践者向け)

無料メールマガジン(情報発信者向け)

ノア「オリジナルコンテンツ」

ノアが覚醒した次元アップ教材

いまこの記事が読まれています

ノアプロフィール

【ニッチ】【トレンド】を得意としています。

 

 

【物販ビジネス実績】

2017年12月 せどり月商700万/月収210万達成!

 

2018年3月 せどり月商1000万/月収300万達成!

 

(※メイン/サブ 2アカウント合計)

 

eBay・米Amazonへの輸出や、ヤフーショッピング出店等販売プラットフォームの拡大も進行中。

 

情報発信でも毎月50万円以上稼いでいます。

 

小学4年生になる10歳の最愛の我が娘とそして妻の為に、日々せどりの実践に没頭中。

趣味はプロレス観戦。

ランキングに参加中!

  1. せどりをこれから始められる方に

    せどりをこれから始められる方へ「せどりの鉄板スタイル4形態」その2(店舗・中古…
  2. 電脳せどりノウハウ

    【中古家電電脳メソッド】高利益率・高回転の電脳特化中古家電せどり
  3. 稼ぐための戦術と戦略

    【現実を受け止める力=自由を切り開く力】本せどりを例にして、現実(本音)を語って…
  4. 仕入先サイト・申請等

    資金0ゼロから始められる!せどりを行うための「資金作り」の方法を解説
  5. コラム

    AmazonがFBA出品者にカートを獲らせなければならない理由
PAGE TOP